ネオ(NEO)とは  ホワイトペーパーの内容と将来性について

今回は中国版イリーサムとも呼ばれている、ネオ(NEO)について紹介して行きます。


【基本情報】

通貨名:NEO(ネオ)

通貨単位:NEO

最大供給量:100,000,000 NEO

公開日:2016年

公式サイト:https://neo.org

ホワイトペーパー:http://docs.neo.org/en-us/

チャート(CoinGecko):https://www.coingecko.com/en/coins/neo


ホワイトペーパーの内容について

ホワイトペーパーの始めに書いてある内容はこの様に書いてありました。

NEOは、分散型ネットワークでSmart Economyを実現するために、ブロックチェーン技術とデジタルIDを使って資産をデジタル化をする。さらに、スマートコントラクトを用いて、そのデジタル資産を自己管理することを目指す。

 

『うーーん???むずかしいなぁー』

と思いましたが、簡単に言うと

NEOで生活が完結する経済圏を作ろう!!!

と言う事です。

【イリーサムとの違いについて】

『イリーサムと何が違うんだろう??』と思った方もいるはずです。

違いとしましては、中国での地位を確立しており、イリーサムより開発環境が整っている点が、イリーサムと違う有利な点だと考えられます。

開発環境が整っている点は、優秀な開発陣がNEOに集まる可能性が高く、今後の開発スピードが加速する可能性があるので、NEOの今後に期待したいです。

また中国は、アリババやウェイボーの様に中国独自に進める可能性が高いので、イリーサムが世界に浸透した場合でも、NEOは中国内で浸透し、更に価値を高める可能性が高いです。

【NEOGASについて】

ネオには通貨としてのネオとNEOGASと呼ばれる通貨が存在します。

例えるなら、NEOが株式でNEOGASは配当の様に考えると近く、わかりやすいかもしれないです。NEOはすでに1億NEO発行されているのですが、NEOGASは22年間かけて発行されるアルゴリズムになっています。

これはBitCoinとは違う仕様になっている訳ですね。

 

【NEOの今後について】

NEOは既に全てのNEOが発行されている為、開発が進み需要が増えるとそれは、価格の上昇に直結します。

また1億NEOの内、半分はNEO理事会が管理しています。このNEOが大量に売られれてしまえば、急落する原因になる可能性があります。(その様な事はほぼないと思いますが、、、)

最後に、NEOは中国政府の意向によって価格が左右されると考えられます。

この件については、個人の意見ですが、イリーサムが世界に浸透したケースを想定すると、中国だけ乗り遅れるわけにはいかないので、政府も禁止せず政府で管理ができるNEOを今後も育てる事が大切だと思っています。つまり、NEOは中国政府の意向によって今後はプラスに動く可能性が高いと考えています。

NEOの開発と中国政府の意向には今後も注目して行きたいですね。

 

NEOとNEOGASの両方を取り扱っている、Binanceの登録はこちらから行えます↓

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です